私たちが常に目指していること、それは 「色」「品性」・・・

ガラスアーティスト 杜多一菜子 / ISAKO TODA

作品を通しておしゃれやライフデザインのクオリティを高めること。それらはすべてシンプルな原点にもどること、そして毎日の生活を楽しみ、幸せのドットを増やしていくこと。 そんな思いから、自らの手で作り始めたアートなガラス。「simple & dignity ? シンプル & 品性」をコンセプトに、透明なガラスから独自の手法で彩色、焼成し、ひとつひとつ心を込めて作り上げています。

初期から取り組んでいたアートパネルの作品は、いつしか「私の胸元に一枚の絵を飾りたい」という思いを生み出し 「毎日身に着けて持ち歩けるアート作品」としてガラスのアクセサリーへと導いてくれました。そして生まれた独自ブランドが「comb de shio / コムデシオ」です。

世界に一つしか作り出すことのできない1点ものガラスの作品は、まるで自分の娘のようです。制作中に光にきらめく作品を見つめていると、今でもなんとも言えないワクワクした気持ちになります。この気持ちを忘れずに、これからも「生活の中で生きるアート作品」を作り続けます。 皆様の毎日の生活の中で少しでも、幸せのドットを増やすお手伝いが出来れば、とても幸せです。

三重県松阪市生まれ、comb de shio(コムデシオ)主宰。
神戸女子大学卒業。
数々の賞を受賞後、1999年にグラススタジオコムデシオを設立。

主な受賞・展覧会は、
2001年 「glass craft triennial入選」
2002・2004年『装飾アート展,大阪・東京」
2002年 「雪のデザイン賞入賞」 2004年 「glass craft triennale入選」
2004年 「雪のデザイン賞入選」
2007年 「glass craft triennale絵画作品入選」
2007年 「雪のデザイン賞入賞』 『パブリックコレクション・中谷宇吉郎雪の科学館,石川県加賀市」など。
その他、個展、グループ展な多数。
現在は、娘の梓と三重県津市のアトリエにて制作している。

アイテムで探す